動画配信『アウトラインSTの刺し方』補足説明

皆さん、こんばんは。

刺繍作家であり講師の土橋のり子です。



2回目の動画配信

『アウトラインSTの刺し方』をyoutubeにUPいたしました。

前回の配信は、糸の通し方だけでしたので

難しい作業もなく、スムーズに行きましたが、

今回は、ステッチの詳細を説明するものなので、

なかなか苦戦しました。

お聞き苦しい点も多々ございますが

どうぞご覧になって下さいませ。




今回は、線を刺すステッチの基本である

『アウトラインステッチ』でした。

このステッチだけでも、十分に素敵な図案を刺すことができます。


このステッチで大切なことは

同じ穴に戻るということです。

裏から見た時、美しいバックステッチができていれば

必ず、表のステッチも美しいはずです。

線上で、針を出し入れするステッチですから

約束事さえ守れば、必ず美しいステッチが刺せます。

蛇行することもなく。。。。


今回の動画では、ほぼ言いたいことはお伝えできたはず。

そう信じています。


刺繍は日々の積み重ねです。

でも、適当に何目針を進めても

日々の上達は望めません。

私自身、技術が全て、美く刺すことが一番とは思っていません。

作品全体が素敵であれば、それでいいのです。


でも、美しいステッチを見れば、美しく刺したいなあと思います。

なんだか綺麗じゃないな〜なんて思いながら刺すことは

精神衛生上良くないとなあと。。。。

生徒さんを見ていて思うのです。

綺麗に刺せた時の満足そうな、嬉しそうな顔。

自分でも満足しながら、想い描いた刺繍が刺せたなら

それほど楽しいことはないと思うのです。


刺繍を仕上げる楽しさ、仕上がった時の充実感、

それに加え、日々上達し美しくなるステッチを

眺めながら刺す時間もまた最高の時間なのです。